【子ども服のサイズ】サイズ表記の方法や注意点

【子ども服のサイズ】サイズ表記の方法や注意点

Posted by PETITMIG on

子ども服は、成長が早いため、サイズ選びが難しいですよね。

ブランドによってサイズ表記が異なることもあるので、選ぶ時は注意が必要です。

そこで、今回は、子ども服のサイズ表についてブランドによるサイズ表記の方法や注意点などをご紹介します。

サイズについて知っておくことで、買ってから失敗することがなく子どもにぴったりのサイズの服を見つけることができますよ。

 

 

 子供服の80サイズについて知りたい方はコチラもチェック!

「【赤ちゃんの服:基礎知識】80サイズはいつからいつまで?」

子供服の110サイズについて知りたい方はコチラもチェック!

子供服の110サイズは何歳まで着れる?年齢や身長の目安を解説!」

 

この記事は、子供服ブランドPETITMIGが運営しています。インスタグラムもぜひチェックしてみてください♪
Instagramを見る

 

 

 

 

 

 

子供服のサイズを年齢別で知りたい方はコチラ!

「【年齢別】子供服の失敗しないサイズ選び」

 

子ども服のサイズ表とは?

   

子ども服のサイズ表は、子供たちが快適に着用できる衣類のサイズを示す重要なツールです。

子供服を購入する際に、年齢や身長、体重などの基準に基づいて適切なサイズを選ぶことは、子供の成長と健康を考える上で欠かせません。

幼児から10代の若者まで、幅広い年齢層に対応する子供服のサイズ表は、親や保護者にとって助っ人となります。

子ども服のサイズ表は、通常、年齢別や身長別に区分けされています。

例えば、幼児用のサイズ表では、1歳、2歳、3歳などの年齢に対応するサイズが示されています。また、キッズサイズ表では、身長に基づいてサイズが分類されています。これには、110cm、120cm、130cmなどの身長別のサイズが含まれます。

さらに、一部のサイズ表では体重や胸囲などの追加の基準も考慮されることがあります。

子供服のサイズ表を使用する際には、子供の実際の身長や体重を測定することが重要です。子供の成長は個別であり、年齢だけでなく身体的な特徴も考慮する必要があります。

正確なサイズを選ぶことは、子供が服を着る際に自由な動きができるだけでなく、長期間にわたって使用することも可能にします。

また、子供が成長するにつれて、サイズ表を定期的にチェックし、新しいサイズに合わせて洋服を選ぶことも重要です。

子供服のサイズ表は、子供の発育に合わせて設計されています。

一般的に、子供服は成長期の伸びに対応するように作られており、ゆとりのあるデザインや調整可能な部分が備わっています。しかし、サイズ表はブランドやメーカーによって異なる場合があるため、購入する際にはそのブランドのサイズガイドを確認することが重要です。

最後に、子供服のサイズ表はあくまで目安であり、個々の子供によって異なる場合もあります。子供の成長を見守りながら、適切なサイズを選ぶことが大切です。子供服を選ぶ際には、子供の快適さと健康を考慮し、サイズ表を参考にしながら最適な選択をすることをおすすめします。子供たちが適切なサイズの衣類を選ぶことは、快適に過ごすために必要なことです。

子ども服のサイズの選び方

子ども服のサイズは、子どもの成長に合わせて、定期的に買い替える必要があります。子ども服のサイズの選び方には、いくつかのポイントがあります。


以下に、子ども服のサイズの選び方のポイントを詳しく説明します。

* 子どもの身長と体重を測る
* 子ども服のサイズ表を参考にサイズを選ぶ
* 子ども服は、子どもが動きやすいように、ゆったりとしたサイズを選ぶ
* 子ども服は、子どもが快適に着られるように、素材やデザインにこだわる

子どもの身長と体重を測るには、メジャーを使って、子どもの身長と体重を測ります。子どもの身長と体重は、成長とともに変化します。そのため、子ども服を買うたびに、子どもの身長と体重を測って、サイズ表を参考にサイズを選ぶようにしましょう。

子ども服のサイズ表は、各ブランドの公式ホームページや、カタログ、店頭などで確認することができます。子ども服のサイズ表は、年齢別にサイズ表が分かれている場合と、身長や体重、胴囲などの体格情報からサイズ表が分かれている場合があります。

子ども服は、子どもが動きやすいように、ゆったりとしたサイズを選ぶようにしましょう。子どもは、遊びや運動で体を動かします。そのため、子ども服は、子どもが動きやすいように、ゆったりとしたサイズを選ぶようにしましょう。

子ども服は、子どもが快適に着られるように、素材やデザインにこだわりましょう。子ども服は、子どもが一日中着ています。そのため、子ども服は、子どもが快適に着られるように、素材やデザインにこだわりましょう。

子ども服のサイズの選び方のポイントを参考に、子どもにぴったりのサイズの子ども服を選んであげましょう。

子ども服のサイズの表記方法

子ども服のサイズは、子どもの成長に合わせて、定期的に買い替える必要があります。子ども服のサイズの表記方法には、いくつかの種類があります。


* **年齢別表記**

年齢別表記は、子どもの年齢に合わせてサイズが表記されています。例えば、新生児は「新生児」、6ヶ月は「6ヶ月」、1歳は「1歳」などと表記されます。

* **身長別表記**

身長別表記は、子どもの身長に合わせてサイズが表記されています。例えば、70cmは「70cm」、80cmは「80cm」、90cmは「90cm」などと表記されます。

* **体重別表記**

体重別表記は、子どもの体重に合わせてサイズが表記されています。例えば、8kgは「8kg」、9kgは「9kg」、10kgは「10kg」などと表記されます。

* **サイズ表記**

サイズ表記は、子ども服のサイズを数字で表記しています。例えば、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズなどです。

子ども服のサイズの表記方法は、各ブランドによって異なります。そのため、子ども服を買う前に、必ずサイズ表をチェックして、子どもに合ったサイズを選んでください。

以下に、子ども服のサイズ表記方法の例をいくつかご紹介します。

* **年齢別表記**

新生児、6ヶ月、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳、7歳、8歳、9歳、10歳、11歳、12歳

* **身長別表記**

50cm、60cm、70cm、80cm、90cm、100cm、110cm、120cm、130cm、140cm、150cm、160cm、170cm

* **体重別表記**

3kg、4kg、5kg、6kg、7kg、8kg、9kg、10kg、11kg、12kg、13kg、14kg、15kg

* **サイズ表記**

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズ、XXLサイズ、XXXLサイズ

子ども服のサイズの表記方法を参考に、子どもに合ったサイズの子ども服を選んであげましょう。

子ども服のサイズの誤差について

子ども服のサイズは、子どもの成長に合わせて、定期的に買い替える必要があります。子ども服のサイズの誤差には、いくつかの原因があります。

* **製造工程での誤差**

子ども服は、大量に製造されています。そのため、製造工程で誤差が発生することがあります。例えば、裁断の誤差、縫製の誤差、仕上げの誤差などです。

* **素材の特性による誤差**

子ども服の素材は、綿、ポリエステル、ウールなど、さまざまな種類があります。それぞれの素材には、伸縮性や縮み率が異なります。そのため、素材によってサイズが異なることがあります。

* **洗濯や着用による誤差**

子ども服は、洗濯や着用によってサイズが変化することがあります。例えば、洗濯で縮む、着用で伸びることがあります。そのため、子ども服を買うときは、洗濯や着用によるサイズの変化を考慮する必要があります。

子ども服のサイズの誤差を防ぐためには、いくつかの点に注意する必要があります。

* **信頼できるブランドから購入する**

信頼できるブランドから購入することで、サイズの誤差を防ぐことができます。信頼できるブランドは、製造工程や品質管理に厳格な基準を定めています。

* **サイズ表を参考にする**

サイズ表を参考にすることで、自分に合ったサイズを選ぶことができます。サイズ表は、各ブランドの公式ホームページや、カタログ、店頭などで確認することができます。

* **試着する**

できれば、子ども服は試着してから購入するようにしましょう。試着することで、サイズが自分に合っているかどうかを確認することができます。

子ども服のサイズの誤差は、避けることができません。しかし、上記の点に注意することで、誤差を最小限に抑えることができます。

子ども服のサイズのメーカーごとの違い

 子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。これは、各メーカーが独自の採寸方法やサイズ表を採用しているためです。そのため、同じ年齢の子どもでも、メーカーによってサイズが異なることがあります。

ここでは、子ども服のサイズのメーカーごとの違いについて、詳しくご紹介します。

* **日本製の子ども服**

日本製の子ども服は、一般的にサイズが小さめです。これは、日本人の子どもの平均身長や体重が、海外の子どもよりも小さいためです。また、日本製の子ども服は、ゆったりとしたシルエットのものが多く、着心地を重視しているため、サイズが小さめになる傾向にあります。

* **海外製の子ども服**

海外製の子ども服は、一般的にサイズが大きめです。これは、海外の子どもの平均身長や体重が、日本人の子どもよりも大きいためです。また、海外製の子ども服は、体型をカバーするようなデザインのものが多く、着痩せ効果を重視しているため、サイズが大きめになる傾向にあります。

* **ブランドごとの違い**

同じ日本製の子ども服でも、ブランドによってサイズが異なる場合があります。これは、各ブランドが独自の採寸方法やサイズ表を採用しているためです。そのため、同じブランドの子ども服でも、アイテムによってサイズが異なることがあります。

例えば、フォーマルな子ども服は、カジュアルな子ども服よりもサイズが小さめに作られていることが多いです。これは、フォーマルな子ども服は、きちんとした着こなしをすることが求められるため、サイズを小さめにすることで、子どもの体型をすっきりと見せることができます。

また、ブランドによっては、サイズ展開が豊富なブランドと、サイズ展開が少ないブランドがあります。サイズ展開が豊富なブランドは、子どもの成長に合わせて、サイズを変えることができるため、長く着ることができます。一方、サイズ展開が少ないブランドは、子どもの成長に合わせて、サイズを変えることができない場合があるため、注意が必要です。

子ども服のサイズを選ぶ時の注意点

子ども服のサイズを選ぶ時は、いくつか注意点があります。

* 子どもの身長と体重を測る

子ども服のサイズを選ぶ時は、まず子どもの身長と体重を測ることが大切です。これは、子どもの成長に合わせて、サイズを変えることができるためです。

* 子どもの体型に合ったサイズを選ぶ

子どもの体型は、子どもによって異なります。そのため、子どもの体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。例えば、ぽっちゃりしている子どもは、ゆったりとしたシルエットの子ども服を選ぶと良いでしょう。一方、痩せている子どもは、ぴったりしたシルエットの子ども服を選ぶと良いでしょう。

* ブランドのサイズ表を確認する

同じ日本製の子ども服でも、ブランドによってサイズが異なる場合があります。そのため、ブランドのサイズ表を確認して、子どもに合ったサイズを選ぶようにしましょう。

* 子どもに試着させる

子ども服は、子どもに試着させてから購入することをおすすめします。これは、子どもの成長に合わせて、サイズを変えることができるためです。また、子どもの体型に合ったサイズを選ぶことができるためです。

子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、子ども服のサイズを選ぶ時は、子どもの身長と体重を測り、子どもの体型に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

お洋服のお悩みは、お気軽にインスタグラムでご相談ください^^直接私が回答させていただきます♪
Instagramで相談する

子ども服のサイズのネット通販での注意点

子ども服のネット通販での注意点は、以下のとおりです。

* メーカーによってサイズが異なるため、サイズ表をよく確認すること。
* 子どもの体型に合ったサイズを選ぶこと。
* サイズが合わなかった場合は、返品や交換をすること。

子ども服のネット通販での注意点を守ることで、子どもにぴったりのサイズの服を買うことができます。

以下に、子ども服のネット通販での注意点を詳しくご紹介します。

**メーカーによってサイズが異なる**

子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、同じ年齢の子どもでも、メーカーによってサイズが異なることがあります。例えば、日本の子ども服のサイズは、欧米の子ども服のサイズよりも小さめに作られています。そのため、欧米の子ども服を日本の子どもに着せる場合は、1サイズ大きめのサイズを選ぶ必要があります。

**子どもの体型に合ったサイズを選ぶ**

子どもの体型は、子どもによって異なります。そのため、子どもの体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。例えば、ぽっちゃりしている子どもは、ゆったりとしたサイズの服を選ぶと良いでしょう。一方、痩せている子どもは、ぴったりとしたサイズの服を選ぶと良いでしょう。

**サイズが合わなかった場合は、返品や交換をすること**

ネット通販で子ども服を購入する際は、試着ができないため、サイズ選びに失敗することがあります。サイズが合わなかった場合は、返品や交換をすることができますが、手間がかかります。そのため、子ども服のサイズをネット通販で購入する際は、サイズ表をよく確認し、子どもの体型に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

子ども服のサイズのネット通販での注意点を守ることで、子どもにぴったりのサイズの服を買うことができます。

子ども服のサイズの成長に合わせて買い替えるタイミング

子どもは成長が早いので、服のサイズもすぐに合わなくなっていきます。そのため、子ども服は頻繁に買い替える必要があります。では、子ども服のサイズの成長に合わせて、いつ買い替えればいいのでしょうか?

一般的には、子どもは1年に2~3回、服のサイズを買い替える必要があります。ただし、子どもの成長には個人差があるので、1~4回買い替えることもあります。

子ども服のサイズを買い替えるタイミングは、以下のとおりです。

* 子どもが服を着て動きづらくなっている。
* 服がきつい。
* 服がぶかぶかになっている。
* 服が汚れて修理できない。
* 服が着られなくなってきた。

子ども服のサイズを買い替える際は、以下の点に注意してください。

* 子どもの体型に合った服を選ぶ。
* 子どもが着やすい服を選ぶ。
* 子どもが好きな服を選ぶ。
* 子どもの成長に合わせて買い替える。

子ども服は、子どもの成長をサポートする大切なアイテムです。子どもの成長に合わせて、適切なサイズの服を選んであげましょう。

ここでは、子ども服のサイズの成長に合わせて買い替えるタイミングを、さらに詳しくご紹介します。

**新生児**

新生児は、生まれてすぐに服を着せます。新生児用の服は、首元が大きく開いていて、着せ替えがしやすいように作られています。新生児用の服は、サイズアウトするのが早いので、1~2回買い替える必要があります。

**乳児**

乳児は、生後6ヶ月から2歳頃までの時期です。乳児は、成長が早いので、服のサイズもすぐに合わなくなっていきます。乳児用の服は、1~3回買い替える必要があります。

**幼児**

幼児は、3歳から6歳頃までの時期です。幼児は、まだ自分の意思で服を選べないので、親が子どもの成長に合わせて服を選んであげる必要があります。幼児用の服は、1~4回買い替える必要があります。

**小学校低学年**

小学校低学年は、7歳から9歳頃までの時期です。小学校低学年は、自分で服を選べるようになってきます。小学校低学年用の服は、1~2回買い替える必要があります。

**小学校高学年**

小学校高学年は、10歳から12歳頃までの時期です。小学校高学年は、自分の好みに合わせて服を選べるようになってきます。小学校高学年用の服は、1~3回買い替える必要があります。

**中学生**

中学生は、13歳から15歳頃までの時期です。中学生は、自分の好みに合わせて服を選べるようになってきます。中学生用の服は、1~4回買い替える必要があります。

**高校生**

高校生は、15歳から18歳頃までの時期です。高校生は、自分の好みに合わせて服を選べるようになってきます。高校生用の服は、1~5回買い替える必要があります。

子ども服のサイズの成長に合わせて買い替えるタイミングは、子どもの成長には個人差があるので、1~4回買い替えることもあります。子ども服のサイズを買い替える際は、子どもの体型に合った服を選び、子どもが着やすい服を選び、子どもが好きな服を選び、子どもの成長に合わせて買い替えましょう。

子ども服のサイズを測る方法

子ども服は、子どもの成長に合わせて、頻繁に買い替える必要があります。そのため、子ども服のサイズを正しく測ることが重要です。

子ども服のサイズを測る方法は、以下のとおりです。

* **身長**

身長は、子どもの頭の先から足の裏までの長さを測ります。子どもを壁に沿ってまっすぐ立たせます。子どもの頭の先にメジャーを当て、足の裏にメジャーを当て、その差が身長です。

* **体重**

体重は、子どもの体重計に乗って測ります。子どもを裸にして、体重計に乗せます。子どもの体重が測定されます。

* **胸囲**

胸囲は、子どもの胸の一番膨らんだ部分の周囲を測ります。子どもをまっすぐ立たせ、子どもの胸の一番膨らんだ部分にメジャーを当て、メジャーをぐるっと回します。

* **ウエスト**

ウエストは、子どものお腹の一番くびれた部分の周囲を測ります.子どもをまっすぐ立たせ、子どものお腹の一番くびれた部分にメジャーを当て、メジャーをぐるっと回します。

* **ヒップ**

ヒップは、子どものお尻の一番大きい部分の周囲を測ります。子どもをまっすぐ立たせ、子どものお尻の一番大きい部分にメジャーを当て、メジャーをぐるっと回します。

子ども服のサイズを測る際は、メジャーを平行に当て、きつく締めすぎないように注意してください。

子どものサイズを測ったら、サイズ表に照らし合わせて、適切なサイズの服を選びましょう。

子ども服のサイズのトラブルシューティング

子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、同じ年齢の子どもでも、メーカーによってサイズが異なることがあります。

ここでは、子ども服のサイズのトラブルシューティングについて、詳しくご紹介します。

**子ども服のサイズが合わない**

子ども服のサイズが合わない場合は、以下の原因が考えられます。

* 子どもの成長が早い。
* 子どもの体型が特殊である。
* 服のサイズが間違っている。

子どもの成長が早い場合は、すぐにサイズアウトしてしまうことがあります。子どもの体型が特殊である場合は、一般的なサイズの服では合わないことがあります。服のサイズが間違っている場合は、子どもの体型に合わないことがあります。

子ども服のサイズが合わない場合は、子どもの成長に合わせて、サイズを買い替える必要があります。子どもの体型に合った服を選ぶようにしましょう。

**子ども服がぶかぶかしている**

子ども服がぶかぶかしている場合は、以下の原因が考えられます。

* 子どもの成長が早い。
* 服のサイズが大きすぎる。

子どもの成長が早い場合は、すぐにサイズアウトしてしまうことがあります。服のサイズが大きすぎる場合は、子どもが動きづらくなってしまうことがあります。

子ども服がぶかぶかしている場合は、子どもの成長に合わせて、サイズを買い替える必要があります。子どもの体型に合った服を選ぶようにしましょう。

**子ども服がきつい**

子ども服がきつい場合は、以下の原因が考えられます。

* 子どもの成長が早い。
* 服のサイズが小さすぎる。

子どもの成長が早い場合は、すぐにサイズアウトしてしまうことがあります。服のサイズが小さすぎる場合は、子どもが動きづらくなってしまったり、着心地が悪くなったりすることがあります。

子ども服がきつい場合は、子どもの成長に合わせて、サイズを買い替える必要があります。子どもの体型に合った服を選ぶようにしましょう。

子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、子ども服のサイズを選ぶ際は、子どもの体型に合った服を選ぶようにしましょう。

子ども服のサイズのまとめ

子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、同じ年齢の子どもでも、メーカーによってサイズが異なることがあります。

**子ども服のサイズの種類**

子ども服のサイズは、一般的に以下のように分類されます。

* 新生児サイズ(50~60cm)
* 乳児サイズ(60~70cm)
* 幼児サイズ(70~90cm)
* 小学校低学年サイズ(90~110cm)
* 小学校高学年サイズ(110~130cm)
* 中学生サイズ(130~150cm)
* 高校生サイズ(150~170cm)

**子ども服のサイズの選び方**

子ども服のサイズを選ぶ際は、以下に注意してください。

* 子どもの身長と体重を測る。
* 子どもの体型に合った服を選ぶ。
* 子どもが着やすい服を選ぶ。
* 子どもが好きな服を選ぶ。
* 子どもの成長に合わせて買い替える。

子ども服は、子どもの成長をサポートする大切なアイテムです。子どもの成長に合わせて、適切なサイズの服を選んであげましょう。

**子ども服のサイズのトラブルシューティング**

子ども服のサイズが合わない場合は、以下の原因が考えられます。

* 子どもの成長が早い。
* 子どもの体型が特殊である。
* 服のサイズが間違っている。

子どもの成長が早い場合は、すぐにサイズアウトしてしまうことがあります。子どもの体型が特殊である場合は、一般的なサイズの服では合わないことがあります。服のサイズが間違っている場合は、子どもの体型に合わないことがあります。

子ども服のサイズが合わない場合は、子どもの成長に合わせて、サイズを買い替える必要があります。

また、子ども服のサイズは、メーカーによって異なる場合があります。そのため、子ども服のサイズを選ぶ際は、子どもの体型に合った服を選ぶようにしましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。PETITMIGでは、お子様にぴったりなアイテムを多数取り揃えております^^ぜひチェックしてみてください♪

← Older Post Newer Post →