【乳児の結膜炎】種類別の症状や治療法、ホームケア等を解説

【乳児の結膜炎】種類別の症状や治療法、ホームケア等を解説

Posted by 星川貴子 on

小さな我が子が目をかゆがったり、充血したり…「もしかして結膜炎?」と不安になったことはありませんか?

乳児結膜炎は、子供によくみられる目の病気です

この記事では、乳児結膜炎の原因や症状、治療法、予防法などについてわかりやすく解説します。

子供の目の異変に気づいた親御さん必見です!

 

 

この記事は、子供服ブランドPETITMIGが運営しています。インスタグラムもぜひチェックしてみてください♪
Instagramを見る

 

 

 

 


乳児結膜炎の症状

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎の主な症状は以下のとおりです。

 

* **目の充血**:白目が赤く充血します。

* **目やに**:目頭から目やにがでます。量や色は、結膜炎の原因によって異なります。

* **目の痒み**:目を痒がる仕草をします。

* **目のゴロゴロ感**:目をゴロゴロとさせる仕草をします。

* **涙目**:涙が溢れてきます。

* **まぶたの腫れ**:まぶたが腫れることがあります。

* **目をこする**:目の痒みや異物感のため、目をこする仕草をします。

 

これらの症状は、結膜炎の原因によって多少異なります。

 

**原因別の症状**

 

* **アデノウイルス結膜炎**:目の充血、目やに、目の痒み、発熱

* **クラミジア結膜炎**:目の充血、目やに、まぶたの腫れ

* **淋菌性結膜炎**:目の充血、膿性の目やに、まぶたの腫れ

* **アレルギー性結膜炎**:目の痒み、涙目、充血

* **春季カタル**:目の痒み、充血、まぶたの腫れ

* **乳児頭結膜炎**:目やに、目の充血

 

**症状の程度**

 

症状の程度は、乳児の体質や結膜炎の原因によって異なります。

 

* **軽症**:目の充血や目やにが軽い

* **中等症**:目の充血や目やにがひどい、まぶたの腫れがある

* **重症**:目の充血や目やにがひどい、まぶたの腫れがひどい、角膜炎や虹彩炎などの合併症がある

 

**乳児結膜炎の症状がみられたら**

 

乳児結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

乳児結膜炎は、早期発見・早期治療が大切です。乳児に上記の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

乳児結膜炎の種類

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎は、原因によって以下のように分類されます。

 

**1. アデノウイルス結膜炎**

 

* 原因:アデノウイルス

* 感染経路:飛沫感染、接触感染

* 潜伏期:5~7日

* 症状:目の充血、目やに、目の痒み、発熱

* 治療:抗ウイルス薬の点眼

* 予防:手洗い、タオルの共有を避ける

 

**2. クラミジア結膜炎**

 

* 原因:クラミジア

* 感染経路:母親から子へ(出産時)

* 潜伏期:5~14日

* 症状:目の充血、目やに、まぶたの腫れ

* 治療:抗菌薬の点眼

* 予防:母親のクラミジア検査、治療

 

**3. 淋菌性結膜炎**

 

* 原因:淋菌

* 感染経路:母親から子へ(出産時)、性感染症

* 潜伏期:2~5日

* 症状:目の充血、膿性の目やに、まぶたの腫れ

* 治療:抗菌薬の点眼

* 予防:母親の淋菌検査、治療

 

**4. アレルギー性結膜炎**

 

* 原因:ハウスダスト、花粉など

* 症状:目の痒み、涙目、充血

* 治療:抗アレルギー薬の点眼

* 予防:アレルゲンを避ける

 

**5. 春季カタル**

 

* 原因:原因は完全には解明されていない

* 症状:目の痒み、充血、まぶたの腫れ

* 治療:ステロイドの点眼

* 予防:紫外線対策

 

**6. 巨乳頭結膜炎**

 

* 原因:涙液の量が少ない

* 症状:目やに、目の充血

* 治療:人工涙液の点眼

* 予防:目を温める

 

乳児結膜炎の種類によって、症状や治療法が異なります。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

乳児結膜炎の原因

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎の原因は、主に以下のとおりです。

 

* **ウイルス**

* アデノウイルス:最も一般的な原因

* ヘルペスウイルス

* エンテロウイルス

 

* **細菌**

* クラミジア

* 淋菌

* ブドウ球菌

* 肺炎球菌

 

* **アレルギー**

* ハウスダスト

* 花粉

* ダニ

 

* **化学物質**

* シャンプー

* 洗剤

* プール水の塩素

 

* **その他**

* ドライアイ

* 目の疲れ

 

乳児結膜炎の原因別に、症状や治療法が異なります。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

乳児結膜炎の診断

乳児結膜炎の診断は、問診と眼科検査によって行われます。

 

**問診**

 

問診では、以下の項目について医師から質問されます。

 

* 症状の出現時期

* 症状の程度

* 他の症状の有無

* 家族や周囲の人に結膜炎の症状があるか

* プールや温泉を利用したことがあるか

* 目をこすったことがあるか

 

**眼科検査**

 

眼科検査では、以下の項目が確認されます。

 

* 目の充血

* 目やにの量や色

* まぶたの腫れ

* 角膜の状態

 

必要に応じて、結膜擦過検査や涙液検査、PCR検査などを行うこともあります。

 

**結膜擦過検査**

 

結膜擦過検査では、結膜の表面をこすって細胞を採取し、顕微鏡で観察します。アデノウイルスやクラミジアなどの感染症の診断に役立ちます。

 

**涙液検査**

 

涙液検査では、涙液の成分を調べます。アレルギー性結膜炎の診断に役立ちます。

 

**PCR検査**

 

PCR検査では、結膜から採取した細胞のDNAを増幅して調べます。アデノウイルスやクラミジアなどの感染症の診断に確実性を持たせるために行われます。

 

乳児結膜炎の診断は、症状や眼科検査の結果から行われます。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

**乳児結膜炎の診断の流れ**

 

  1. 問診
  2. 眼科検査
  3. 必要に応じて、結膜擦過検査や涙液検査、PCR検査など
  4. 診断

 

**乳児結膜炎の診断の注意点**

 

* 乳児は言葉が話せないため、問診が難しい場合があります。

* 乳児は抵抗力が弱いため、感染症の可能性が高いです。

* 乳児結膜炎は、放置すると角膜炎や虹彩炎、緑内障、失明などの合併症を引き起こすことがあります。

 

乳児結膜炎の診断は、早期発見・早期治療が大切です。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

子育ては心配なことだらけですよね。子育てのお悩みもインスタグラムでご相談ください♪話すと楽になりますよ!
Instagramで相談する

乳児結膜炎の治療

乳児結膜炎の治療は、原因によって異なります。

**原因別の治療**

 

* **アデノウイルス結膜炎**:抗ウイルス薬の点眼

* **クラミジア結膜炎**:抗菌薬の点眼

* **淋菌性結膜炎**:抗菌薬の点眼

* **アレルギー性結膜炎**:抗アレルギー薬の点眼

* **春季カタル**:ステロイドの点眼

* **乳児頭結膜炎**:人工涙液の点眼

 

**抗ウイルス薬**

 

抗ウイルス薬は、アデノウイルス結膜炎の治療に使用されます。ウイルス増殖を抑制し、症状の改善を早めます。

 

**抗菌薬**

 

抗菌薬は、クラミジア結膜炎、淋菌性結膜炎の治療に使用されます。細菌を殺菌し、症状の改善を早めます。

 

**抗アレルギー薬**

 

抗アレルギー薬は、アレルギー性結膜炎の治療に使用されます。アレルギー症状を抑え、目の痒みや充血を改善します。

 

**ステロイド**

 

ステロイドは、春季カタルの治療に使用されます。炎症を抑え、目の痒みや充血を改善します。

 

**人工涙液**

 

人工涙液は、乳児頭結膜炎の治療に使用されます。涙液の量を増やし、目の乾燥を改善します。

 

**乳児結膜炎の治療の注意点**

 

* 乳児は体力が弱いため、薬の副作用が出やすいです。

* 乳児は目薬を嫌がる場合があります。

* 乳児結膜炎は、完治するまで時間がかかる場合があります。

 

乳児結膜炎の治療は、医師の指示に従って行うことが大切です。

乳児結膜炎の予防

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎の予防には、以下のとおりです。

 

* **手洗い**

 

手洗いは、乳児結膜炎の予防に最も効果的な方法です。こまめに手洗いをして、ウイルスや細菌を広げないようにしましょう。

 

* **タオルの共有を避ける**

 

タオルの共有は、ウイルスや細菌の感染を広げる原因になります。乳児とタオルを共有するときは、必ず清潔なタオルを使うようにしましょう。

 

* **目をこすらないように注意する**

 

目をこすると、ウイルスや細菌が目に入ってしまう可能性があります。目をこすらないように注意しましょう。

 

**乳児結膜炎の予防のポイント**

 

乳児結膜炎の予防には、以下のポイントを押さえることが大切です。

 

* 手洗いを徹底する

* タオルの共有を避ける

* 目をこすらないように注意する

 

これらの予防策をしっかりと行うことで、乳児結膜炎のリスクを減らすことができます。

 

**乳児結膜炎の予防に役立つグッズ**

 

乳児結膜炎の予防に役立つグッズとしては、以下のようなものがあります。

 

* ハンドソープ

* タオル

* 目薬

 

ハンドソープは、ウイルスや細菌を洗い流すのに役立ちます。タオルは、清潔なものを使いましょう。目薬は、症状が出たときに使用します。

 

乳児結膜炎は、早期発見・早期治療が大切です。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

乳児結膜炎の合併症

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎は、多くの場合数日で治りますが、放置すると以下の合併症を引き起こすことがあります。

 

* **角膜炎**

 

角膜炎は、角膜に炎症が起こる病気です。角膜は、目の前面にある透明な膜で、光を屈折させて視力を形成する役割があります。角膜炎になると、目の充血、痛み、目やに、視力低下などの症状が現れます。重症化すると、角膜に濁り(角膜混濁)が生じ、視力障害が残る可能性があります。

 

* **虹彩炎**

 

虹彩炎は、虹彩に炎症が起こる病気です。虹彩は、瞳孔の周りの色のついた膜で、瞳孔の大きさを調整する役割があります。虹彩炎になると、目の充血、痛み、光過敏、視力低下などの症状が現れます。重症化すると、虹彩に癒着が起こり、緑内障や白内障を引き起こす可能性があります。

 

* **緑内障**

 

緑内障は、眼球内の圧力(眼圧)が上昇し、視神経が障害される病気です。視神経は、眼球から脳へ視覚情報を伝える神経です。緑内障になると、視野狭窄や視力低下などの症状が現れます。重症化すると、失明に至る可能性があります。

 

* **失明**

 

乳児結膜炎は、重症化すると角膜混濁や緑内障を引き起こし、失明に至る可能性があります。

 

**乳児結膜炎の合併症を予防するには**

 

乳児結膜炎の合併症を予防するには、以下のことが大切です。

 

* **早期発見・早期治療**

 

乳児結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診して、適切な治療を受けることが大切です。

 

* **定期検診**

 

乳児期は定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

 

乳児結膜炎は、多くの場合数日で治りますが、中には重症化し、合併症を引き起こすケースもあります。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

乳児結膜炎のホームケア

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎のホームケアには、以下の方法があります。

 

**清潔を保つ**

 

* 手洗いを徹底する

* 目やには清潔なガーゼやティッシュで拭き取る

* タオルは清潔なものを使用する

* 目をこすらないように注意する

 

**症状を緩和する**

 

* 冷たい濡れタオルで目を冷やす

* 人工涙液をさす

* 室内の温度や湿度を調整する

 

**乳児結膜炎のホームケアのポイント**

 

* 乳児結膜炎は、感染性の場合もあるため、清潔を保つことが大切です。

* 目をこすると、症状が悪化する可能性があるため、注意が必要です。

* 人工涙液は、目の乾燥を和らげる効果があります。

* 室内の温度や湿度を調整すると、目の充血や痛みを軽減することができます。

 

**乳児結膜炎のホームケアで注意すること**

 

* 以下の場合は、早めに眼科を受診しましょう。

* 目の充血や痛み、目やにがひどい

* 目を開けにくそうにする

* 発熱がある

* 症状が2週間以上続く

* 目薬や軟膏を使用する場合は、医師の指示に従いましょう。

* 乳児結膜炎は、多くの場合数日で治りますが、中には重症化し、合併症を引き起こすケースもあります。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

乳児結膜炎は、早期発見・早期治療が重要です。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

乳児結膜炎の重症化の割合

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

乳児結膜炎の多くは数日で自然治癒しますが、中には重症化し、角膜炎や虹彩炎、緑内障などの合併症を引き起こすケースもあります。

 

**乳児結膜炎の重症化割合**

 

乳児結膜炎の重症化割合は、原因や乳児の年齢、免疫状態などによって異なりますが、一般的には1~2%と言われています。

 

**乳児結膜炎が重症化するリスク**

 

乳児結膜炎が重症化するリスクは以下の場合に高くなります。

 

* 新生児

* 免疫不全

* アトピー性皮膚炎

 

**乳児結膜炎の重症化の兆候**

 

乳児結膜炎の重症化の兆候としては、以下のものがあります。

 

* 目の充血や痛み、目やにがひどい

* 目を開けにくそうにする

* 発熱がある

* 症状が2週間以上続く

 

**乳児結膜炎が重症化した場合**

 

乳児結膜炎が重症化した場合は、角膜炎や虹彩炎、緑内障などの合併症を引き起こす可能性があります。これらの合併症は、視力障害や失明に繋がる可能性があるため、早期発見・早期治療が重要です。

 

**乳児結膜炎の重症化を防ぐために**

 

乳児結膜炎の重症化を防ぐためには、以下のことが大切です。

 

* 早期発見・早期治療

* 乳児の体調管理

* 手洗い

 

乳児結膜炎は、早期発見・早期治療によって、重症化を防ぐことができます。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

乳児結膜炎の現状と課題

乳児結膜炎は、白目(結膜)に炎症が起こる病気です。乳児期は免疫力がまだ弱いため、結膜炎にかかりやすいと言われています。

 

**乳児結膜炎の現状**

 

乳児結膜炎は、乳児期に最もよくみられる眼科疾患の一つです。年間発症率は10~20%とされ、乳児の10人に1人は罹患すると言われています。

 

乳児結膜炎の原因としては、ウイルス感染症が最も多く、アデノウイルスやエンテロウイルスなどが原因となります。細菌感染症やアレルギーも原因となることがあります。

 

乳児結膜炎の症状としては、目の充血、目やに、目の痒み、目のゴロゴロ感、涙目などがあります。重症化すると、角膜炎や虹彩炎、緑内障などの合併症を引き起こす可能性があります。

 

**乳児結膜炎の課題**

 

乳児結膜炎は、多くの場合数日で治りますが、中には重症化し、合併症を引き起こすケースもあります。そのため、早期発見・早期治療が重要です。

 

しかし、乳児は言葉が話せないため、症状を訴えることができません。また、乳児期は眼科受診をためらう親御さんも多いです。そのため、乳児結膜炎の早期発見・早期治療が難しいという課題があります。

 

**乳児結膜炎の課題を克服するために**

 

乳児結膜炎の課題を克服するためには、以下の取り組みが必要と考えられます。

 

* 乳児結膜炎に関する知識を普及させる

* 乳児期からの定期的な眼科検診を推進する

* 乳児結膜炎の早期発見・早期治療のための体制を整備する

 

乳児結膜炎は、早期発見・早期治療によって、合併症を防ぐことができます。乳児に結膜炎の症状がみられたら、早めに眼科を受診しましょう。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。PETITMIGでは、この時期におすすめのアイテムを多数取り揃えております^^ぜひチェックしてみてください♪

← Older Post Newer Post →

BLOG

RSS
乳児の習い事

乳児の習い事

乳児の紅斑

乳児の紅斑