My Cart

閉じる

失敗しない!子供服の選び方の気をつけておきたいポイント

投稿日: 2021 10月 26

ベビー服や子供服を選ぶ時皆さんは何を重視して選ばれているでしょうか。
デザインや可愛さを重視する人も多いかと思いますが、洋服選びは素材にこだわるのも大切です。
特にニットは肌に触れると敏感に反応しやすいので素材の特徴を知って選ぶことが大切です。
肌に優しい素材で作られた洋服を選ぶと、子供も着心地が良く1日を過ごすことができます。
そこで今回は子供服のニットの選び方で知っておきたい素材の特徴、ニットを選ぶ時に気を付けておきたいサイズ選びについて解説します。

 

ニット素材について

ニットの素材は動物繊維・植物繊維・化学繊維の3つから作られています。
素材それぞれの特徴を知っておくと子供服を選ぶ時に役立ちます。

動物繊維

動物繊維は「ウール・カシミヤ・アルパカ」が該当します。
肌寒くなってくるとこれらの素材を使ったセーターやカーディガンが販売されるので、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。
動物性繊維は保温機能に優れている為、寒い日でも温かさをキープすることができます。
ニットを着た時にかゆいと感じてしますのは、繊維が太い事が原因で起こってしまいます。
カシミヤは細かくて柔らかい毛を使っているのでニットの中でも柔らかい仕上がりになっています。
カシミヤは肌触りの良さと上質さが特徴です。
アルパカは毛玉ができにくい丈夫な繊維です。
繊維自体がしっかりしているので、アウターにもよく使われます。
温かさを重視してニットを購入したい人はウール・アルパカ・カシミヤ素材を選ぶのがおすすめです。
子供用セーターやカーディガンなどは保湿性に優れた物が多くあります。

 

植物繊維

植物繊維は「コットン」が該当します。
コットンニットは他に比べて扱いやすいのが特徴です。
他の繊維ではドライクリーニングが必要ですが、コットンは洗濯が可能です。
丈夫さもあるので洗濯しても悪くなりにくいです。
またコットンの特に優れた特徴の1つに長い期間着ることができる事があります。
ウールやカシミヤは保湿性は高いですが、逆に言うと真冬しか着る出番がありません。
コットンは春・秋にも着るこができるので、トータルで見ると長い期間着ることができます。
コットンは総合的に見るとコスパも良く、手軽に着ることができるニットといえます。
子供服にはコットンも良く使われています。汗をかきやすい子供には最適の素材ともいえます。

化学繊維

化学繊維は「アクリル・ポリエステル・ナイロン」が該当します。
この3つは三大合成繊維とも呼ばれ、科学的に合成されています。
吸湿性が低く、静電気を起きにくい性質があります。
アクリルは羊毛に似ているので、柔らかさと温かい特徴があり、毛がしっかりしているのでセーターに使われる事が多くあります。
また、ポリエステルは木綿に近い繊維でフリースなどによく使われ、速乾性がありしわになりにくい事から手入れがしやすいため、働くママには扱いやすい素材です。
ナイロンは綿に似ていてしわになりにくい特徴があるのでストッキングなどに使われ、化学繊維は他の繊維と混合で使われる事が多いです。

混合繊維

素材の中には「アクリル60%、ナイロン40」「ポリエステル65%、綿35%」など混合して作られた素材もあります。
混合素材を作る事で各素材のメリットを生かした洋服を作る事ができます。
例えば綿は吸収性が高い半面シワになりやすいデメリットがあります。
ポリエステルには吸収性はないけれどシワになりにくいメリットがあります。
この2つを合わせる事で「吸収性が高くシワになりにくい」素材を作る事ができます。
セーターなどを着た時に毛糸で作られているので肌に触れた時にチクチクしてかゆく感じた経験がある人もいると思います。
使っている素材によっては直接肌に触れた時の摩擦で痒さを感じてしまう事があります。
その為購入前に混合素材を確認して購入するのがおすすめです。
子供用ニットを購入する場合は「アクリル60%、ナイロン40%」がおすすめです。

 

子供服のニットの選び方

子供のニットを選ぶ時はサイズに気を付ける必要があります。
特に年齢によって選び方を変えるのも良いニットを選ぶためには大切です。
ハイハイをしていたり、歩き始めたばかりの1歳の頃は実際に着ているサイズと同じものを選ぶのがおすすめです。
大きいサイズを買ってしまうと袖が余ってしまい引っかけて怪我をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。
2~4歳の頃は実際に着ているサイズもしくはワンサイズ上のサイズを選ぶと良いです。


サイズを選ぶ時はその子のライフスタイルに合わせると選びやすくなります。
例えば外遊び用はワンサイズ上、室内で着る用はジャストサイズといったような目的別で購入するのがおすすめです。
5歳以上になると子供が自分の口で好みのデザインやスタイルを話せるようになるので親子でどのようなサイズやスタイルの物が良いか話してみるのがおすすめです。


「寒い時はタートルネックタイプがいいね」と話してみたり、「手がちゃんと出る長さだとおもちゃで遊びやすいね」などと話すと子供にとっても洋服について考える良いきっかけになります。
このようにニットを選ぶ時は年齢やライフスタイルを考慮して選ぶことが大切です。

プチミグは百貨店並みの品質をご提供

これから冬に備え子供用ニットを購入したいと考えている方には、子供服ブランド「プチミグ」がおすすめです。

プチミグは、肌触りと着心地を兼ね備えた「混合繊維」の素材で作ったニットを販売しております。

百貨店同様の最高品質を追求し、更に可愛いく上品なデザインの洋服が多数販売されています。
1度購入して手に取るとその質の良さに感動するママも多く、リピート買いの方が多いのもプチミグの特徴です。

まとめ

ニットは素材によって保湿性や速乾性など特徴が異なります。
それぞれの素材の特徴を知る事で、子供の洋服選びに役立てることができます。
また子供用を選ぶ時には年齢別に選び方を変える必要があります。
着る本人の年齢やライフスタイルに合わせてサイズを選ぶことが大切です。
子供が着る服だからこそ品質が良いニットを探している人には子供服ブランドプチミグがおすすめです。
高品質で温かみのあるデザインが多く、保湿性も高いので寒くなるこれからの季節に大活躍する洋服が多数販売されています。
ニットの購入を考えている人はぜひ一度プチミグの公式HPを見てみてください。

コメント

0 コメント

コメントを残す
x