子どもたちの夏の肌着事情~着せる?着せない?

I18n Error: Missing interpolation value "name" for "投稿者:{{ name }} 投稿日:{{ date }} 日"

夏になると、子どもたちの肌着事情が気になりますね。

 

子供服ブランドPETITMIG(プチミグ)ライターの桜まるこです。

 

汗をいっぱいかく子供たちは、汗で身体を冷やさないように肌着を着せないといけないと言われていた時代もあります。

 

ですが最近は、肌着とシャツの重ね着は、暑さが増すから着せなくてもいいという意見もありますね。

 

今回は、暑い季節に子どもの肌着は必要なのか、それとも必要ないのか?夏の季節におすすめの素材も併せてご紹介します。

夏、子どもに肌着は必要?

昔から、子どもには肌着を着せろと言われてきました。

 

ですが近年は、昔に比べて夏の暑さも厳しくなっています。

そして、夏でも過ごしやすい機能が備わっている衣類も、販売されてきました。

 

今の時代に「肌着が必要なのか・着なければいけないのか」を悩むパパママも多いと思います。

 

そこでまずは、肌着を着ることのメリット・デメリットをご紹介しますね。

 

夏の肌着、子どもに着せるメリット

まずは、夏の暑い時期に、子供に肌着を着せるメリットをご紹介します。

 

【夏に肌着を着るメリット】

  • 汗や皮脂などの汚れを吸収する(衣類を汚さない)
  • デリケートな肌を守ってくれる

 

よく言われているのが「汗や皮脂を吸収して衣類を汚さなくなる」です。

特に、白いTシャツを着ていると、汗シミや黄ばみが残ってしまい、落ちなくなることもありますよね。

肌着を着ていると、全ての汗や皮脂を吸収してくれるということはありませんが、肌着を着ていないよりは、汗や皮脂が付着する面が少ないでしょう。

 

そして、一番のメリットが「デリケートな肌の保護」です。

子ども(特に赤ちゃん)の肌はデリケートで、夏場はただでさえ「あせも」ができやすいですよね。

そして、お子さんによってはシャツの「チクチク」した感触や、タグが肌に触れることで、何らかのダメージをおってしまうこともあります。

お肌の弱いお子さんは特に、肌に優しい素材の肌着を着せてあげた方がいいでしょう。

 

夏の肌着、子どもに着せるデメリット

続いて、子供に肌着を着せるデメリットをご紹介します。

 

【夏に肌着を着せるデメリット】

  • 暑い
  • 洗濯物が増える
  • 着替えさせる時に嫌がられる

 

冬場の重ね着は、温かさを保つ効果があると推奨されていますよね。

肌着とTシャツの重ね着も、Tシャツ一枚よりも温かいです。

夏場の温かさは、より暑さを感じさせてしまうので、余計に汗をかいてしまうこともありますよね。

 

そして、汗を吸った肌着を着たままだと、汗が冷え、身体を冷やしてしまいます。

そのため、肌着だけでも頻繁に着替えさせないといけないのですが、肌着を着替えさせるくらいならば、上のシャツも一緒に着替えさせるパパママは多いのではないでしょうか。

 

肌着を着せても着せていなくても、着替えさせることは同じですが、肌着を着ていない場合は、洗うのはシャツだけになるので、洗濯物がそこまで増えることはないでしょう。

夏の肌着事情、子供に肌着は着せる?

暑い夏に、子供に肌着は着せた方がいいのか、それとも着せない方がいいのか、迷いますよね。

そこで、子供に肌着を着せるべきかを考えてみました。

 

子供に肌着を着せた方がいい場合

まずは、子供に肌着を着せたほうがいいパターンをご紹介します。

 

冷房の効いた室内にいる時

子どもが小さいうちは、まだ体温調節がうまくできない時期です。

 

最近は外が暑いためか、スーパーやコンビニエンスストアに行けば、とても涼しいですよね。

汗をかいたままで涼しい場所に行くと、汗が冷えて身体も冷えてしまいます。

 

そのため、夏場でも体調を崩してしまうこともありますよね。

 

もしも、外出時にクーラーがよく効いている場所に行くことがわかっているならば、肌着を着せておいた方がいいでしょう。

 

子供の肌がデリケートな時

子どもによっては、お肌がとてもデリケートなので、衣類についているタグや繊維に触れて、チクチク感を感じることもありますよね。

 

そして、汗をかいてあせもができると、かゆくてかいてしまい、肌を傷つけてしまうことも。

 

そんな場合は、すぐに汗を拭くことが一番ですが、肌着を着せてシャツの繊維が直接肌に触れないようにガードしておけば、チクチク感に気を取られることもなく、快適に過ごすことができますよ。

 

小学校に上がった時(女の子)

小学校に上がれば、制服のある学校・無い学校がありますが、制服が無い小学校へ通う場合でも、肌着を着せた方がいいと思います。

 

特に、女の子は成長期に入りますので、肌着を着る習慣をつけておけば、下着をつけることを面倒に感じません。

 

女の子の下着には、肌着と一体型になっている下着もありますが、あまり肌着を着ていなかった子どもは、一体型タイプの下着を嫌がる場合があります。

 

ですので、今後下着を嫌がらずに着させるために、肌着を着ることに慣れさせていくといいでしょう。

 

子供に肌着を着せなくてもいい場合

逆に、子供に肌着を着せなくてもいい場合は、どんなパターンがあるのでしょうか。

 

機能が充実した衣類を着ている時

最近は、汗を良く吸ったり早く乾いたりと、機能が充実しているシャツも販売されていますね。

 

昔から、綿素材の衣類は汗をよく吸って、乾きも早いことから、赤ちゃんの肌着にも使われていました。

 

機能が充実している衣類は、化学繊維が使われているものも多いのですが、汗を吸ったり乾かしたりだけでなく、伸び縮みしやすく、子供たちの動きを妨げないように作られているものもあります。

 

もしもお肌にトラブルがあらわれなければ、このような機能性のある衣類の場合は、肌着を着なくても大丈夫でしょう。

 

綿素材の衣類もおすすめですが、機能が充実した衣類もいろいろなメーカーから販売されていますので、お好みのデザインのお洋服を探してみてくださいね。

自分で着替えができない時期(赤ちゃん時代を除く)

赤ちゃん時代は除きますが、保育園や幼稚園に通い始める前から、活発に動き回る時期が始まりますよね。

 

そんな時期は、パパやママが、子供たちの着替えをしてあげていると思います。

 

パパやママたちが、子供たちが汗をかいて衣類が湿っている時は、んぱんにお着替えをしていると思いますので、そんな場合、肌着は必要ないのではと思います。

 

ただし、自分で着替えができ始めた時には、こまめに声をかけて着替えを促すことも必要です。

 

自分で着替えがきちんとできる時期

自分でお着替えをきちんとできるようになった時も、肌着を着せる必要はないかもしれません。

ただし、自分で着替えができても、着替えを面倒がって放置する場合は、これにはあたらないでしょう。

 

汗で洋服が湿っていて不快感を感じ、お着替えを自分でする場合は、着替えの手間を増やさないように、肌着を着る必要はないと考えます。

 

着替えをめんどうと感じるのは「着る枚数が多いから」という、子供の声を耳にしたことがあります。

 

ですので、着替えが簡単にできるように、肌着を着せなくてもいいかもしれませんね。

夏の肌着、おすすめの素材とPETITMIGおすすめのお洋服

肌着を着る・着ないは、子供の成長と日々の暑さのなかで、どちらが快適に過ごせるかを優先させればいいでしょう。

 

子どもたちが、夏の暑さに負けずに、元気に過ごすことが一番です。

 

そこで、夏に子供の肌着におすすめの素材と、肌着を着ない場合におすすめの衣類をPETITMIG(プチミグ)の中からご紹介します。

夏におすすめの子供の肌着の素材「綿(コットン)」

昔から、赤ちゃんの肌着にも使われている綿素材は、今の時代でもおすすめの素材です。

 

汗を吸収しやすく、他の天然素材よりも水分が乾きやすいので、イチオシです。

 

化学繊維から作られた、速乾・吸収の素材もおすすめですが、デリケートな肌には合わない場合があります。

 

ですので、子どもが小さいうちはなるべく「綿」の肌着でお肌の様子を見た方がいいでしょう。

 

PETITMIGおすすめの綿素材の子供服「t-shirt p1 border」

綿100%のTシャツです。

とても肌ざわりが優しい生地なので、下に肌着を着なくても快適に過ごすことができますよ。

 

厚めの生地なので、冷房が効いている場所に行く場合にもおすすめですね。

 

PETITMIGおすすめの綿素材の子供服「onepiece p3 knit」

シンプルですが華やかなフリルのついた綿100%のワンピースです。

夏でも涼しく着られるように、ゆとりを持たせているデザインになります。

 

素肌に着てもサラッと着用できますので、夏のお出かけにおすすめです。

 

PETITMIGおすすめの綿素材の子供服「デニムサロペット」

コットン100%の柔らかい生地が使用されているデニムサロペットです。

 

どのようなトップスにも合うので、いろいろな着こなしを楽しめます。

そして、お腹とお尻の部分をすっぽり包んでくれるので、お腹を冷やしてしまうこともありません。

冷房が効いている場所に行っても、安心して過ごすことができますよ。

夏の子どもの肌着|まとめ

今回は、夏に子どもの肌着は必要なのか、それとも必要ないのか?そして、夏の季節におすすめの素材とPETITMIGのお洋服をご紹介しました。

 

昔から、子どもの服の枚数は「大人の枚数+1枚」と言われていました。

それは、子供が大人よりも体温が高く汗をかきやすいという理由からです。

 

かいた汗をそのまま放置しておくと、あせもになったり、身体を冷やしてしまいますので、なるべく汗を吸ってくれる肌着は必要だと思います。

ですが近年では、機能の優れた衣類が販売され、肌着の役目も果たしてくれるようになりました。

 

肌着は絶対に着ないといけないものではありません。

下記のように、柔軟に対応できればいいでしょう。

  • 機能的なお洋服がお肌に合わない場合は、肌に優しい綿素材の肌着を
  • 自分でお着替えができて、頻繁に着替える場合は、肌着はなし
  • その日の過ごし方で、肌着の着用を決める(外で走り回るときは肌着なし・冷房が効いている部屋で過ごす時は肌着を着る)

 

肌着を着ても着ていなくても、子供が快適に過ごせるならば、どちらでも大丈夫。

その時その時の状況によって、決めていきましょう。

 

 

 

← 過去の記事 新しい記事 →



コメントを残す