【ワーママ必見!】みんなは子供服にいくらかけている?

I18n Error: Missing interpolation value "name" for "投稿者:{{ name }} 投稿日:{{ date }} 日"

子育て中のママさんなら誰もが一度は「子供服は意外と出費がかさむ」と感じたことがあると思います。

子供の成長は著しく着る期間が短いわりに、すぐ汚してしまうので枚数が必要と感じている方も多くいらっしゃるのでしょうか。

特に子供を保育園に預けているワーママさんは、保育園での着替え用の洋服も用意せねばならず出来る事なら出費を抑えたいと考えているのではないかと思います。

そこで今回は子供服にいくらかけているのか、またどのような洋服を購入しているのかについて詳しく解説します。

子供服にかける月額の平均は4,000円~5,000円

株式会社バンダイは2010年に子供服にかかる年間衣料代の調査を行いました。
調査は0~12歳の子供を持つ保護者を対象に子供服に毎月いくらかけるかの年齢別に行われました。
子供服の月額の平均は4,000~5,000円であることが調査より分かりました。

男女で約1,000円の差があり、女の子の方が男の子に比べて多いです。
女の子は洋服の種類が多いので出費が多い傾向にあります。
しかし女の子は流行やオシャレな洋服を低年齢の頃から好む傾向にあるので、出費が多くなってしまいがちです。

それに対し男の子はあまり流行に流されず、洋服のスタイルも少ないことから月額の出費が少ないです。
また男の子は活発に動き遊ぶので、パンツの膝部分が擦れ痛みやすいです。
その為女の子に比べるとボトムズの買い替える頻度が高いです。
このように男女の特徴によって洋服の購入の仕方が異なる事、それ故出費額も異なる事が調査結果よりわかりました。

また、子供を保育園に通わせているワーママ達の特徴として「プチプラの服」を好む特徴がある事も分かりました。
これは保育園で着替えセットを用意するのが関係しています。
着替えセットは複数用意しなくてはいけません。
週5日分の洋服に加え着替え分となると、大量に用意しなくてはいけません。
その為、質より量を重視してプチプラブランドで購入しているワーママが多いです。
また保育園の様の洋服と休日用の洋服を別けている事も分かりました。

保育園用の服は量を重視して安く買うようにしていますが、休日用の服は質を重視して価格も少し高めのオシャレ服を購入しているようです。
着させる洋服を別ける事で生活へのメリハリも付く事ができ、仕事のオンオフがしやすいワーママが多いです。

子供服にはいくら使うのが理想?

子供服の出費をいくらまで使うのが良いのだろうかと気になった事があるママもいるのではないでしょうか。
子供服は買いすぎても着させるタイミングを逃してしまったり、気が付いたらサイズが小さくなってしまったりと見極めるのがとても難しいです。
実際に購入する時は、アイテム別にかけるお金をいくらまでと決めるのがおすすめです。

休日はお出かけしたり、人に会ったりするからオシャレな洋服を予算××円で購入予定、ニットは出来るだけ品質が良い物を選びたいから△△円で購入予定、などおおよその予算を決め手から買い物する事で出費を抑えることができます。
また品質の良い1つの洋服を長く着させるという考え方も大切です。

買う時についプチプラ服に目が行ってしまいがちですが、プチプラ服は安い分穴が空きやすかったり、生地が伸びやすく痛みやすいという特徴があります。
折角安く買っていても枚数を買う必要があるので、トータルコストが多くかかってしまうことがあります。

それに対し、品質の良い洋服を1枚購入しておくと、寄れず痛まず長い期間着ることができます。
また流行に左右されにくいシンプルなデザインやチェック・ボーダー柄などを選ぶのもおすすめです。

シンプルなデザインを選ぶとどんなトップスやボトムズとも合わせやすいので、コーディネートの幅が広がります。
長い期間着る洋服を選ぶ事は、毎回買い物をするママの負担を減らす事もできます。

兄弟がいる場合にはお下がりに回す事も出来て、更に長い期間着させる事が可能です。
一時的に高い出費であっても、長い目で考えて1着を選ぶことは節約にも繋がります。
その為用途に別けて購入するのがおすすめです。 

長く着続けたいならプチミグを

プチミグは、1つの洋服を長く着させる事を考えて購入したいと思った時におすすめです。
プチミグは高品質な洋服を取り揃えていて、肌触りや着心地が良いと評判でママ達から人気を集めているブランドです。

百貨店並みの高品質でありながらも、手ごろな値段で買える事から休日用のオシャレ着としても購入するママが多いです。
デザインや色合いもシンプルで淡く優しい物が多く、レトロ感がありながらも上品なデザインになっています。

まとめ

子供服は意外と出費がかかり、毎月服にいくら使っているのか気になるママも多いと思います。

購入する金額には男女によっても特徴があり、更に子供が保育園にいっているかどうかでも異なる事がわかりました。

子供服は普段着とお出かけ着の用途を別けて購入するのがおすすめです。

特にお出かけ用の服は品質やデザイン重視で購入する事で1着を長く着ることができます。

← 過去の記事 新しい記事 →



コメントを残す