【入学式編】女の子におしゃれな入学式コーデをご紹介

I18n Error: Missing interpolation value "name" for "投稿者:{{ name }} 投稿日:{{ date }} 日"

卒園式を終えると、待ちに待った入学式ですが、どのような服装がいいのか迷う場合がありますよね。

特に初めての女の子の場合、可愛いお洋服を着せてあげたいと思っている人は多いと思います。

ですが「入学式」は学校の式典です。

「派手に着飾りすぎて悪目立ちしてしまうとかわいそう…」

と、悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、入学式におすすめのおしゃれな入学式コーデと、用意する前に注意しておきたいポイントをご紹介します。

入学式

入学式にピッタリな女の子の服装は?

小学校に入学して初めての行事ですので、ふさわしい服装(コーデ)で迎えたいですよね。

ですが、入学するまでの道具やアイテムをそろえる準備もありますし、その準備だけでも時間がかかるので、どのようなコーデにするかを悩む時間はあまり無いかもしれません。

入学式が近づくと、つい焦ってしまいますが、慌てずにお子さんと一緒に服装を選んでいきましょう。

入学式にピッタリな女の子の服装「淡い色(パステルカラー)の服装」

まずは、どのような色合いの服装が、入学式にピッタリなのかご紹介します。 入学式が行われるのは「春」ですね。

春の季節と言えば「パステルカラー(ピンク・水色などの薄い色)」がとても映えます。

パステルカラー

「学校の式典に華やかな色はいいの?」と思われるかもしれませんが、入学式は厳かな卒業式とは違い、入学を祝うための式です。

もちろん冠婚葬祭に着ることもできる、黒のキッズフォーマル卒業式で着たフォーマルウェアでも問題ありません

ですが、せっかくの華やかな式典ですから、気持ちも華やかになるような色合いのコーデもおすすめですよ。

ただし、原色や柄物の服装は式典にふさわしくないので、避けておきましょう。

入学式にピッタリな女の子の服装「ワンピースタイプ」

入学式にピッタリで、人気の女の子の服装は「ワンピースタイプ」です。

ワンピースは、着崩れがしにくくウエストで締め付けることもないので、長い時間着ていても、負担がかかりません。

ボレロを上に羽織って、コサージュを付ければ、とても華やかな装いになりますよ。

薄いピンク色や水色のワンピースにボレロをまとい、リボンやパールのついたカチューシャやコサージュを付ければ、とても華やかです。

もちろん、落ち着いた色合いの黒や紺のワンピースタイプも、エレガントな装いですので、入学式コーデにとてもおすすめですよ。

入学式にピッタリな女の子の服装「スーツタイプ」

ワンピースタイプと同じように、女の子に人気があるのは「スーツタイプ」です。

高校の制服をイメージしたような、スーツタイプのコーデはとても人気がありますね。

そして冠婚葬祭でも着ることができる、フォーマルなスーツタイプでも、中に着るブラウスを変えるだけでも華やかなコーデになりますよ。

スーツタイプを着る場合も、小物使いによって華やかさだけでなく、エレガントさもでますので、コーデに合わせた小物選びをしていきましょう。

入学式の女の子の服装、おしゃれに見せる方法!

入学式に自由な服装での参加が可能な場合、できる限りおしゃれにも気を配りたいですよね。

服装がワンピースタイプやスーツタイプの場合は、セットで購入することが多いので、身に着ける小物でおしゃれ度をアップさせましょう。

入学式のコーデのおしゃれポイント「コサージュ」

コサージュ

一番取り入れやすいおしゃれアイテムです。

着ていく服装がワンピースタイプでもスーツタイプでも、コサージュを付ければ華やかさをプラスすることができます。

ですが注意しておきたいのが、大きすぎないコサージュにすることです。

大人用のコサージュでは、大きすぎてつけているコサージュを邪魔と感じてしまう子供もいます。

それに入学式では、久々にお友達に会う場合もありますよね。

その場合、まだ子供ですから静かに立ち話で終わることはあまりないでしょう。

女の子でも、お友達と会えた嬉しさで校庭を走り回って喜ぶこともあるのです。

そんな時に、大きめのコサージュがついていたら、腕を振るときに邪魔になったり、コサージュがずれてしまうこともあります。

おすすめは、小ぶりでフラワーアレンジされていて、リボンの装飾がされているコサージュが華やかでいいですよ。

入学式コーデのおしゃれポイント「髪飾り」

入学式でコサージュと並んで、おしゃれポイントとして重要なのが、髪飾りです。

髪の長さで選ぶ髪飾りの種類も変わってきますが、全くつけていないのと、控えめでもつけているのでは、華やかさが違います。

髪飾りもいろいろな種類がありますね。

髪飾りの種類

  • カチューシャ
  • バレッタ
  • ピンなど

どの髪飾りを選んでもいいのですが、できれば服装の中に含まれている「色」と同じ色の髪飾りがおすすめです。

選ぶ服装が、パステルカラーの場合、髪飾りもパステルカラーであれば、違和感がありません。

落ち着いた色の服装の場合でも、色を合わせて飾りの中にワンポイントとして、白のパールやパステルカラーを取り入れれば、上品さと華やかさを感じることができますよ。

髪飾りを、コサージュとおそろいにしてもとても素敵ですね。

入学式コーデのおしゃれポイント「髪型」

髪飾りと一緒に考えておきたいのは、髪型です。

子どもの髪の長さによって髪型は変わりますが、基本的に動き回っても崩れにくい髪型にしましょう。

そして、なるべく清潔感を出すために、顔に髪がかからない髪型がおすすめです。

女の子ですから、普段とは違う髪型にするだけでも本人も喜びます。

ただ、女の子だからなるべく可愛くしてあげたいけれど、「手先が不器用だからできない」と、思う人もいるかもしれません。

その場合、おすすめなのが「三つ編みのおさげ」です。

三つ編み

髪を二つに分けて、三つ編みをするだけという単純な髪型ですが、清潔感があります。

ショートカットの活発な女の子の場合は、髪を外はねにしてもいいですし、パールのカチューシャを付けても可愛いですよ。

髪の毛を、カチューシャのように、頭の上の部分から編み込んでいくのもいいですね。

髪が長い女の子の場合は、サイドを三つ編みにして、後ろにもっていってバレッタで留めるだけでもいいです。

そして、一番簡単にアレンジできるのが「くるりんぱ」です。

何度かくるりんぱをして、ゴムで留めている部分に飾りをつけるだけで、華やかさが加わります。

難しいアレンジができないと悩む場合は、まずは「くるりんぱ」に挑戦してみてください。

入学式コーデのおしゃれポイント「靴下」

靴下も見逃してはならないおしゃれポイントの一つです。

白のタイツでもいいですし、レースのついたソックスもおすすめです。

飾りの無い白のソックスでもいいのですが、華やかさが足りないような感じになるので、レース(フリル)やリボンのついた靴下がいいでしょう。

なるべく飾り(レース)のついた靴下を選べば、華やかさがプラスされ、おしゃれポイントもアップしますよ。

入学式の女の子の服装で、おしゃれコーデの注意点

幼稚園や保育園は、ご家庭の都合でどちらに通うかを決めることができました。

ですが小学校からは、義務教育の始まりで、学校に通うことが前提となってきます。

つまりは小学校の入学式は、「公式」な行事ともいえるのです。

それらを踏まえて、入学式に着ていく女の子の服装にも注意しておくべきポイントがありますのでご紹介します。

制服がある場合は制服を着用する

小学校に入学するときに、必ず確認しないといけないことですが、もしも小学校に「制服」がある場合は、制服の着用が必須です。

制服が無い場合でも、服装に指定が入る場合がありますので、これから通う小学校に着用してはいけないコーデがあるかどうかを聞いてみる必要があります。

特に制服着用の場合、アクセサリー(髪飾り)に制限がある場合もありますので、用意する前に確認しておいた方がいいですよ。

派手すぎない・TPOを考える

入学式は、小学校に入学することをお祝いする式です。

卒業式よりか、華やかさが許される式ですが、入学して最初の学校行事になります。

ですので、硬くなりすぎないお祝いの雰囲気にも合うような服装(コーデ)がふさわしいです。

ですが入学式は、公式の学校行事なので「TPO」も考えておきましょう。

派手な服装も好ましくはありませんし、出席するのは子供たちです。

子どもたちは、これから集団生活が始まりますので、あまり浮きすぎた服装でもいけません。

そのため、入学式に着ていく服装は、派手過ぎるものは避けましょう。

多少の華やかさが許されていても、結婚式やピアノの発表会に着ていくようなドレスはふさわしくありません。

もしも、近くに同じ小学校に先に入学したお友達がいれば、どのような服装(コーデ)だったか聞いてみるのもいいですよ。

公式の式典ですから、清潔さも求められます。

あまりにも派手すぎると「品が無い」とみられてしまう可能性もあります。

お祝いの式ではありますが、控えめな華やかさで出席しましょう。

ピカピカの1年生

入学式の女の子のおしゃれな服装|まとめ

今回は、入学式におすすめのおしゃれな入学式コーデと、用意する前に注意しておきたいポイントをご紹介しました。

卒園式を終え、小学校に入る前の準備もたくさんありますので、入学式用の服装は早めに決めておくことをおすすめします。

くれぐれも、入学式の直前になってショップに買いに行くのは止めておきましょう。

卒園式の準備と同時に行っていけばいいかもしれません。

卒園式で着たフォーマルな服装は、入学式でも着ることができます。

ですので、華やかさをプラスするための入学式用の小物をそろえて、あとは髪型を考えるだけで、入学式に着ていく服装の用意は終わります。

女の子はおしゃれに敏感ですから、子供と一緒に選んで、入学式を楽しんでこどもの成長を祝いましょう。

← 過去の記事 新しい記事 →



コメントを残す